当社の強み

不動産投資を実践したオーナーに相談できる環境が整っています。
一般的な不動産屋との大きな違いをご説明しています。

一般的な不動産と当社の違い早見表

物件購入前

一般的な不動産屋 当社
物件紹介
資金や計画の相談
物件購入時期の提案
長期的家賃シミュレーション
長期的リフォームシミュレーション

物件購入後

物件管理 当社
物件管理
管理トラブルなど相談窓口
入居率改善のノウハウ
計画的リフォーム提案
計画的家賃提案

詳しい流れについてはこちら

一般的な不動産屋で不動産投資を行う流れ

1

不動産屋へ物件を探しに行く

がっかりポイント
不動産屋へ足を運ぶと物件をいくつか紹介されます。
その際勧められる物件は、不動産屋側目線で「売りたい」物件が多いのです。
不動産屋側は投資物件を「あなたに販売できた時の自社の利益」を中心に話を運ぶ事があるので注意しましょう。
もちろん、その物件を買わなかった場合は営業電話などかかってくるでしょう。

2

検討している物件を下見、購入する

がっかりポイント
不動産投資を行う際に、購入した物件を「そのまま貸す」場合と「リフォームして貸す」場合があります。
不動産投資を行ったことのない不動産屋は、あなたへ「物件をどのようにして貸す」かの提案は無いでしょう。
提案が無いので、相談する事も難しく、自分自身で戦略を決めなければなりません。

3

不動産屋へ管理を任せる、購入した物件に入居してもらう

がっかりポイント
不動産屋へ物件の管理を任せる事ができます。物件の空き状況などを各不動産屋へ流して物件の入居を促してくれます。
また、入居者からの窓口を不動産屋が代わりに行い、オーナーの手間を省きます。
管理を任された不動産屋は、それ以上の事は行いません。
空きが長く続いても、次なる手を考えてくれる事はないでしょう。

4

空き状況を確認しながら入居率の改善を自ら行う

がっかりポイント
空き状況を自分で何とかしなければならないので、考えられる事は色々試す事が必要になってきます。
一人で戦略を考え、実践していきます。
この状況になると、購入した物件を売りに出す方がいいのかなど、色々な選択肢が出てきますが、
不動産屋に相談しても投資家目線の回答はもらえず、一人で決める事になります。

一般的な不動産屋が行う事は「不動産業」です。
「投資家経験」が無いのでアドバイスや提案が難しい事が最大の違いです。

CHECK
家賃の減額やリフォームの提案があった場合は要注意です。
一般的な不動産屋は自社が入居させやすいように家賃の減額やリフォームを提案する場合があります。
当社は最初の段階で35年間の長期事業シミュレーションを組んだ上でご提案しますが、
根拠のない家賃の減額やリフォームは想定外の出費となり、長期的な不動産投資の負担になってしまいます。

当社で不動産投資を行う流れ

1

打ち合わせ、面談を行います

安心
ポイント
物件紹介の前に、オーナー自ら実践してきた経験談をお伝えしたり、不動産投資についてどのようにお考えなのかをお聞かせ下さい。 これから何年もかけて行う投資です。まずは信頼できる関係になりたいと思っています。 経験豊富なオーナーの考えと、これから始めるご自身の考えをすり合わせできる時間です。

2

時期の検討、物件紹介

安心
ポイント
不動産というものは年間通して毎月同じ量の物件が出てくるものではありません。時期によっては物件が豊富な時期、 少ない時期もあります。どのタイミングで始めるのか、それに合わせた資金調達など計画的に進めて行きます。 また、当社は自らオーナーとして活動している事から、様々な業者から投資用物件の情報が集まってきます。 情報量が多い分、投資家目線での物件選びが重要となっています。

3

条件の見直しやリフォームの検討

安心
ポイント
物件が絞り込まれたら、入居率を意識した打ち合わせを進めていきます。 これまで購入した物件の入居率改善を行ってきたオーナーの経験を生かして、その物件に必要な条件見直しや、 場合によってはリフォームまでご提案させていただきます。 もちろん、シミュレーションを行った綿密なご提案をさせていただきます。

4

物件管理や入居募集まで全てお任せ

安心
ポイント
最大の強みである不動産投資経験と、不動産業の資格を持っている当社が物件の管理や入居募集まで 全て承る事が出来ます。もちろん、ご自身でやってみるという方も大歓迎です。 「始めるまで」のお手伝いでは終わらず、オーナー様の良き相談役になれるよう、 長いお付き合いをしていきたいと思っております。

経験と知識をお客様の為に。
何十年後の話をして頂けるパートナーとして良き相談役を目指しています。

お問い合わせはこちら