銀行融資Ⅱ

2016年12月08日

前回の続きですが、銀行さんの個人の評価の実績って何だろう?

ということですが、まずは投資実績です。

私が投資を始めて2つ目の物件を購入する時に言われたのがこれです。

1つ目の物件が戸建の投資だったのでほとんど手残りはない、むしろ初年度は

赤字状態だったのですが、銀行の担当の方に「不動産貸付業として確定申告をしてください」

といわれました。

これが実績づくりの第一歩でした。

実績がついてくると物件規模が大きくても貸してくれるようになります。

もう一つ大事なのが銀行さんとのおつきあいです。

各支店のキャンペーンのノルマに相談されたら極力お付き合いするようにしています。

物件を持ち込んだ時に資料を精査して作文して本部に持ち込んでくれるのは担当者さんです。

担当者さんが数字が苦しいときはお付き合いしてお互いの協力関係を気付いていくことで

審査にも大きく影響してくると思います。

人間同士の信頼関係と熱意が大きく左右するのが日本です。

ただ海外では大きく違うみたいです。

それは次回に!

非公開物件や最新の状況判断解説をメルマガで配信中

不動産投資をはじめるには《後編》のパスワードはメルマガに記載されています。