銀行融資

2016年12月06日

この2か月ぐらいで投資物件への融資が厳しくなっているとよく聞きます。

実際に銀行の方も10月から厳しくなるとおっしゃっていました。

また、厳しくなるということは、物件の力と本人の力に関しての審査が厳しくなると。

物件の力とは単純に言うと利回りです。ほかにも築年数や立地条件等はあるでしょうが、

広島でもここ2年は表面利回り10%越えの物件はほとんど見なくなりました。

それだけ手残りが少なくなるので銀行が融資を出しにくいのはよくわかります。

次に本人の力とは、不動産投資の実績、銀行とのおつきあいの実績です。

物件がちゃんと回っているのがまずは一番ですが次に重要なのが本人の実績です。

自己資金がたくさんあるのがもちろん一番良いのですが、私もほとんど自己資金がない中

スタートしているように自己資金が少なくても大きな投資ができるのが不動産投資の魅力です。

では個人の実績って??というところを次回詳しく書きます。

非公開物件や最新の状況判断解説をメルマガで配信中

不動産投資をはじめるには《後編》のパスワードはメルマガに記載されています。